Takumijapan

Takumijapan

TJ KCB TRADITIONAL MODEL

フェース、ボディ、ホーゼルを1本の丸棒から生み出す一体型軟鉄鍛造

ホーゼルからヘッドまでが一体型の軟鉄鍛造アイアン。一体型にすることで金属粒子の流れである鍛流線がホーゼルからフェースまで途切れず、金属粒子が高密度化して打感の良さや柔軟なしなりを実現。打感の向上やバラツキの少ない高品質なアイアンが生み出される。

伝統的なキャビティバック

オーソドックスなマッスルモデル。ソールはクレセントカットでマッスル特有の打ち込みにも対応。バックフェースは一部粗仕上げを残しており、伝統的でハンドメイドの美しさを再現。鍛造ではなかなか再現できないしっかりとしたバックフェースで番手により形状が変化するキャビティフロー設計。大型ヘッドで初心者でも安心して使える逸品です。

S25Cの厳選素材を採用

通常の軟鉄素材「S25C」のなかでも、炭素含有率0.24~0.26%の厳選素材を採用。炭素含有率が安定した素材を使用することで、鍛造工程における鉄の広がりが安定して重量のバラツキが極力少ない製品が供給可能。

  • シャフト:N.S.PRO950 / DG S200
  • 使用素材:軟鉄(S25C)
  • 製法:一体型精密軟鉄鍛造製法
  • 仕上げ:サテン仕上げ
  • 希望小売価格:スチールシャフト 一本 28,000円(税別)
番手 ロフト ライ ヘッド重量
#4 23 60.5 251
#5 27 61 258
#6 31 61.5 263
#7 35 62 270
#8 39 62.5 277
#9 43 63 284
#P 47 63.5 291

60年にわたる共栄ゴルフ工業の技は合力を求める匠達によって磨かれてきた。しかし、それは黒子としての生業であり、元請けの嗜好の範疇を超える事はない。

しかし、その共栄ゴルフ工業からスピンアウトしたブランド(TAKUMIJAPAN)には依頼主の好尚は介在しない。

ゆえに60余年練られた技が余すこと無く、更に何かしらの束縛は無く、想いの込められた形を表現したのが(TAKUMIJAPAN)である。

ひとつひとつの製品を作るには手作業が八割を超え、非常に高価な商品ながら、商品を手にすることで、その良さを実感して頂けると。

(TAKUMIJAPAN)に「巨匠」は存在しない。ただ、それぞれの工程の「匠」達の技術の集結で成っている。

ゴルファーのゴルファーによるゴルファーのためのブランド(TAKUMIJAPAN)。

これからも(匠の集団)でより良いゴルフライフをサポートしていく。